SL広場

前職時代の相棒(といっても別に私が指名した訳ぢゃないんだけど)、これが社内でも評判のヘンなヤツで最近のSNSに新橋駅SL広場で念願のテレビ出演を果たしたと自慢げな投稿を見かけた。
過去に取材経験は数多あれども、いづれもボツばかり。今回は話題の流行語大賞について求められたというのだが、苦節二十数年にして何を言えば採用されるかが見えたなどと寝言じみたコメントが添えられていて。そんなバカな振る舞いばかりしとると会社から解雇されちまうぞ。ちなみに私よりも年上です、ハイ。そう、解雇といえば...。
退陣表明なんてのはあくまでも自己都合の類、鉄槌を下すべきと罷免を求める弾劾訴追に百万人規模のデモ。他国の国旗を公然と燃やしてしまう国だから秩序も疑わしいけど、異例の事態はこちらも同じ。犯罪者を匿っておいてはこちらに火の粉が降りかからぬとも限らず、自己都合の離村受理以上の処分を下すべきとの声もくすぶるようで。
組織防衛の選択肢としてはアリなんだろうけど、誰しもが大なり小なり脛にキズや負い目位はある訳で我関せずと善人ぶるというか聖人君子が如き態度をするのはどうも性に合わず。これまでの本人の功績を斟酌して多少なりとも配慮を示す位の度量があってもバチは当たらんと思うのだが、それでは秩序というか規律が保てん上に世間様に顔向けが出来んではないかとのことらしく。
が、そんな時こそ人の本性は見えるものでそれまでの態度一変、手のひらを反すように君子豹変することもあったりして...。魑魅魍魎の世界だけに何があっても不思議はなく、そりゃ確かに社会的に決して許される行為ではないけど、人を殺めた訳ではあるまいし、それで本人の人格が否定されるものでもなく、道徳的には電車内の痴漢行為のほうがよほど悪質だと思うけど。
福島県からの自主避難の生徒がそれを理由に金銭をゆすられ、いじめを受けるなどは本人の心を深く傷つけるのみならず、被災者を逆撫でするものであって、生徒のいじめに同調して教師が加担するなどとは言語同断、教育者としてあるまじき卑劣な行為だが、世間に範たる教育者にしてそんな状況なのだから。
他人様の嫌がることはしてはならぬということを教えることは当然にせよ、ちょっかいと出すとか、いやがらせなんてのはどこにでもあること、が、その度が過ぎては元も子もなく。いじめや差別の根絶ばかりが謳われるけど、やはり人の機微が分かる大人に成長して欲しいもの。窮鼠猫の格言然り、七分勝ちを良とした信玄然り、万事、「程程(ほどほど)」というのが大事であって、弱者を徹底的に追い詰めるというのは死者に鞭打つようでどうも好かん。
同期の桜、同じ釜のメシを食った仲間が舞台を降りるというのは何とも寂しいもので。本人の身にもなってみなはれ。出処進退を明らかにした以上は今後の人生を応援してあげたほうがいい人生を送れそうだけどナ。せめてもの救いは辞職決議が私の誕生日に重ならず一日遅れたこと。泥を塗られたらかなわんからナ。
別に私に気を遣った訳ではない?そうだナ。
(平成28年12月7日/2309回)

川崎市議会議員 山崎なおふみ

川崎市議会議員 山崎なおふみの公式ホームページです。