筒井五輪

この前、散髪の際にたまたま理髪店のテレビで見かけた1粒5万円の高級いちご。生産者が手塩にかけて育てた自慢の一品であることは伝わってくるんだけど、些かプレミアムが過剰ではないかと思ってみたりもして...。それでも買い手が付くんだから大きな御世話か。
さて、戸別訪問は禁止。といってもそりゃあくまでも「当選御礼」を目的にしたもので...。「近況伺い」にて久々に地元を歩いたんだけど、Hさん宅ではトマトの出荷にバッタリ。品種もあるんだろうけどこちらのトマトが抜群に旨く、都内の高級デパートにしか置いていないんだとか。つい、居合わせてしまったもんだから「どうぞ」と。もう何の為に歩いているのか分からんナ。
ヒットアンドアウェイとは相手にパンチを当ててすぐ距離を置くボクシングの作戦。それが転じて犯罪などでも短期間に荒稼ぎして逃亡することをそう呼ぶらしいんだけど、不審電話などでも相手に反論の隙を与えずにガチャンと。前回と同一犯の可能性が濃厚なんだけど受話器を取った瞬間に「靖国行くな」と声が聞こえてガチャンと切れた。その数秒後に再度着信があって「コラ!」と叫んだら地元の代議士の秘書だった。間が悪い人物ってのはいるんだよナ。いやいや、いきなり「コラ!」なんてのはこちらの不手際以外の何物でもない。失礼。
そうそう、今回の改選におけるわが会派の新人は5名にてうち国会議員の秘書上がりが4名。ちなみに豊作といわれた私の同期(えっ誰も言っていない?)では6名中1名、残りは豆腐屋の御主人であったりハゲタカ外資上がりであったりと。そう、秘書の世界はオヤジ(=代議士)が黒といえば白も黒になる世界だけに忍耐に忍耐を重ねてじっと我慢の日々。
そんな秘書の世界を描いた漫画「票田のトラクター」。あくまでも漫画なんだけどその主人公、筒井五輪が私にそっくりだと妻が大ウケ。五輪の名は勿論、東京オリンピックの年に生まれたことにちなみ選挙の源さんこと、選挙好きな父親が名付けたと。まさに実弾が飛び交う時代、えげつないというか当時の秘書としてはやり手の主人公なんだけど何で私に重なるんだろうか。容姿が似ているそうで。んなことないと思うんだけど。
さて、運動会といえば元々は秋の季語だが、近年は春に行われる小学校も少なくない。それはそれで諸般の事情ということなんだろうけど看過出来ぬは手を繋いでみんな並んでゴールのひとコマ。んなバカな話あるかっての。やってもやらずとも同じでは怠惰な大人になるではないか。野球だってどんなボテボテの内野ゴロでも一塁まで全力疾走。その執念が相手のミスを誘い、勝利への道をこじあけるんだ。

川崎市議会議員 山崎なおふみ

川崎市議会議員 山崎なおふみの公式ホームページです。